当院について

部門紹介

診療部

薬剤科

  • 薬剤師 3名
  • 薬剤助手 1名
薬剤科

薬剤科では、「迅速・正確・親切」をモットーに、医薬品の適正使用・最適な薬物治療のご提供と、医療の安全確保への貢献に努めています。
医薬品のご提供に関しては、購入計画・在庫管理・品質管理を行うことにより、お薬を安定して確保する役割を担っています。
調剤に関しては、医師の処方せんにもとづき、主に外来患者さんの調剤と投薬とお薬のご相談にお応えしています。お薬に関するご相談は、ドラッグストアなどで購入されたお薬や、他の医療機関のお薬に関する質問にも分かりやすく対応させていただいております。
患者さんに処方されたお薬の投与量・投与間隔や飲み合わせに問題がないか、副作用が生じていないか確認して、医師と共に有効で安全な薬物療法を支えながら、患者さんご自身に必要な情報をご提供し、服薬支援を行っています。また、入院している患者さんの内服・外用薬・注射剤を調剤して、薬の適正使用・供給に努めています。さらに、院外の保険薬局や患者さんからのお問い合わせについては、医師との連携をはかり、ご回答しています。
これからも、みなさまのご健康に貢献する薬剤科を目指し、努力していきます。

臨床薬剤科

臨床薬剤科

臨床薬剤科は、平成30年4月から従来の薬剤科と部門分けするかたちで新設された部署です。現在、当院の薬剤師は少人数のため、薬剤科に所属する薬剤師と共に調剤を行う時間が多くなりますが、少しずつでも調剤以外の業務を増やし、将来的には常にチーム医療の一員として働くことができるようにするのが目標です。そうすることで、より質が高く、より安全な治療を提供したいと考えています。

臨床心理科

  • 臨床心理士 8名(常勤)
臨床心理科

臨床心理科は、8名の心理士が常勤で働いております。様々な症状でお悩みの患者さんやお子さんに対して、「心理検査」によるアセスメントと、カウンセリングやプレイセラピーなどの「心理面接」を通して、心理的問題の解決や心の成長の援助を行っています。特に近年では、発達障がいやトラウマを抱えた児童思春期の患者さんが増加してきたことに伴い、若年患者さんのケアにも力を入れています。その他にも、心理教育やSST(ソーシャルスキルトレーニング:社会生活技能訓練)、家族教室など、他職種と連携しながらチーム医療の一翼を担っています。各心理士の個性や専門性を生かしながら、幅広く患者さんのニーズに応えられるよう、日々研鑽に励んでいます。

臨床検査科

  • 診療放射線技師 2名
  • 助手 1名
  • 臨床検査技師 3名
臨床検査科

臨床検査科は、放射線室と臨床検査室とで構成されており、放射線室は診療放射線技師2名と助手1名、臨床検査室は臨床検査技師3名で業務を行っています。内容は、現在の医療には欠かせない画像診断(X線TV・X線CT・超音波検査)や、血液・尿検査、心電図、脳波検査などで、診断・治療方針の決定に寄与する情報を提供しています。正確、迅速、そして安心な検査を目指し、患者さんに負担がかからないよう、できるだけリラックスして検査を受けていただくため、時には病室に出向いて行うこともあります。急性期治療棟の運営がスタートしてから、24時間対応できる体制をととのえています。

栄養管理科

  • 管理栄養士 5名
  • 栄養士 1名
  • 調理師 24名

「平成30年度栄養関係功労者 厚生労働大臣表彰」を受賞しました。

栄養管理科

栄養管理科は、ニュークックチルシステム採用による安全でより美味しいメニューを追求しながら、入院患者さん、デイケア患者さんのお食事をご提供しています。
管理栄養士が、入院患者さん、外来患者さん、ご家族などのお一人おひとりに寄り添った丁寧な栄養指導を行い、生活習慣病などの改善に努めています。(病棟訪問管理栄養士/毎日、栄養士・調理師/月2回、嗜好調査/年2回)
入院患者さんの生活習慣病、経腸栄養剤、低栄養、高齢者の方の嚥下不良、褥瘡(じょくそう)、摂食障がいなどに対応した適切な栄養プランの提案により、早期回復を目指しています。

リハビリテーション科

  • 作業療法士 8名
リハビリテーション科

リハビリテーション科は、8名の作業療法士が在籍しています。入院作業療法は各病棟担当制、外来作業療法は3名の作業療法士が担当しています。作業療法(Occupational Therapy)の目的・治療方針に沿って、患者さんお一人おひとりに合わせたプログラムの提供に努めています。“おもしろい(O)、たのしい(T)”をモットーに、日々和やかな雰囲気で患者さんをサポートしています。

マッサージ室

  • あん摩・マッサージ・指圧師 3名
マッサージ室

マッサージ室は、あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格を有する男性1名、女性2名のスタッフです。外来患者さん、デイケア利用者さんはA棟1階のマッサージ室で、入院患者さんはスタッフが病室にお邪魔して、筋緊張の軽減、疼痛の緩和、関節拘縮の予防を主な目的としたマッサージ施術を行っています。
毎日の業務では、患者さんのお気持ちに寄り添ったコミュニケーションを通して信頼関係を築けるように心掛け、患者さんが心身ともにリフレッシュしていただけるよう努めています。

ページトップへ